雑学

横断歩道橋

横断歩道橋は、人道橋の一種で、車道または鉄道を跨ぐように架けられた歩行者・自転車専用の橋である。歩道橋とも呼ばれる。横断歩道橋と地下横断歩道を合わせて「立体横断施設」と言う。 ウィルウェイ|ウィルウェイ|ウィルウェイ|ウィルウェイ|ウィルウ…

近代の道

現代では、自動車などの車両で移動できるよう、道路はほとんどあらゆる箇所で整備が進んでいる。ほとんどの国で、道路輸送が最もよく使われる輸送手段となっている。また、交通安全と渋滞の解消のために、ほとんどの先進国では、道路をレーンに区切って使用…

舗装路のはじまり

土の道は晴天時に特に不自由は無いが雨天になるとぬかるんで泥道になってしまい歩くことが困難になってしまう。それを防ぐために舗装が行われるようになった。 人の手による舗装の最古のものとしては紀元前4000年頃のものが発見されている。 古代のエジプト…

筆記用具

筆記するための用具を筆記用具と言う。 視野を広げて歴史を振り返れば、粘土板と棒(メソポタミア)、パピルスと葦ペンとインク(古代エジプト)、竹簡と筆と墨と硯(古代中国)、和紙と筆・墨・硯(日本)、羊皮紙と羽ペン(中世ヨーロッパ。写本など)、紙…

熊野古道

熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。熊野参詣道ともよばれる。紀伊半島に位置し、道は三重県、奈良県、和歌山県、大阪府に跨る。 熊野周辺は、日本書紀にも登場する自然崇拝の地であった。熊野三山は…

日本の迷路園

江戸時代に、八幡の藪知らずの森を真似て、囲いで覆った土地に迷宮式の藪を作り、入場料を取って中に入らせ、無事に出て来られた者に賞品を出すという興行場が現れ、明治10年頃にもこれが復活して、八幡不知(やわたしらず)、八陣、かくれ杉などの名前で大…